地域に根ざした食の安心・安全なお店づくり

全国飲食業生活衛生同業組合連合会

その他の事業

昭和36年12月厚生大臣の認可を受け設立、以来、昭和42年環境衛生金融公庫(現在国民生活金融公庫)の創設を機に、傘下組合が相次いで設立され、現在41都道府県組合が加盟している。
また、飲食業界の諸問題を解決するため、組織的な団結と行動力により税制改正問題等の政治的な運動を展開し、業界及び組合の発展向上を目的として組合員の営業の振興育成に寄与する。

教育事業

随時経済、経営問題等の講習会を開催し、組合員の経営の合理化、安定化のための経営指導・従業員及び後継者育成に関する研修を行っています。

営業用材料・物資の斡旋事業

当組合では指定商社制度による、営業用食材、設備機器を組合特別価格で組合員に斡旋業務を行っております。

組織拡充事業

未組織県(組合)の組織化を目指し、全国完全ネットワーク化を推進している。(平成12年7月現在:未組織県7県)
なお、現在組織化されている地域における組合員増強運動を展開している。

日本音楽著作権協会(JASRAC)

日本音楽著作権協会(JASRAC)との団体契約により カラオケ音楽著作権使用料が一般より低料金である包括的な業務提携内容等の団体連絡調整を行っている。